ヤマメ放流場所変更のお知らせ。入間漁協、年券とともに配布

2020年2月15日

名栗川の釣り

t f B! P L

入間漁協の総代会も終了したので、年券を受け取りに事務所へ出向いたら、券と一緒に上の「お知らせ」も頂きました。

たびたび、ここでお伝えしてきたことですが、お知らせは入間川(名栗川)上流の渓流区域にのみ放流していたヤマメ成魚を、今期は漁協指定のヤマメ釣り場である渓流区域外の原市場地区に放流するという内容です。


原市場地区の放流エリアはバーベキュー場の清流園を下流端に、そこから上流、鹿の戸堰までの間です。

入間川釣り場マップ

上の地図で示すと、概ね二の瀬橋(地図内番号⑨)から鹿の戸堰(同⑥)までの間が放流エリアとなります。数量はお知らせによると、150キログラム。尾数では3000匹とのことです。

さあ、解禁まであと半月。胸が高鳴ります。


【こちらの関連記事もおすすめです】

Translate

アーカイブ

QooQ