台風19号の影響で大増水の入間川ー飯能ー

2019年10月13日

その他

台風19号の豪雨で増水した入間川

台風19号が埼玉県内を通過した翌朝の飯能市の入間川。場所は、成木川(前方左)が合流する下手。濁流が川幅いっぱいに流れているが、ピーク時より水位は下がっている。

台風19号の豪雨で増水した成木川

こちらは、上とほぼ同時刻の成木川。入間川に合流する直前、市浄化センターの脇。上流、青梅市分で氾濫したと報道があったが、場所は不明。入間川同様に引き始めている。

台風19号の豪雨で増水した入間川

成木川合流点付近の入間川。対岸に地元飯能の銘酒「天覧山」の酒蔵、五十嵐酒造がある。川沿いをJR八高線の鉄橋方向に延びる遊歩道も冠水した。この辺りまで、水が押し寄せるのは過去50年であったかどうか。

台風19号の豪雨で増水した入間川

合流点下流に架かる加治橋から東を見る。右岸に入間漁業協同組合の事務所がある。飯能市の雨量は、11日午前11時から12日午後10時までの間で405ミリ。

測定地点は市街地の県土飯能整備事務所なので、雨雲の動きから考えると、有間ダムがある山間部の名栗地域の方が雨量はさらに多そう。有間ダムから峠を越えた秩父にある浦山の雨量は680ミリ。

有間ダムは、台風シーズンに合わせて事前に貯水量を減らし、容量を確保しておく治水目的も兼ね備えた多目的ダム。今回の豪雨で有間川(入間川支流)からの流入が増加したため、緊急放水を行ったと聞く。


【こちらの関連記事もおすすめです】

QooQ